自由診療と保険治療の選択は? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋本:こんにちは。

 

質問者:こんにちは。

 

秋本:よろしくお願いします。

 

質問者:よろしくお願いします。

今日先生にお伺いしたい内容なんですけど。

自由診療の歯医者さんと、保険診療の歯医者さんなんですけど、患者としてはどういう風に使い分けたら良いと思いますか。

 

秋本:そうですね。

理想を言えば、自由診療を受けるのはどの方にとってもベストだとは思うんですけども、ただどうしても費用の問題だとか、そういう歯医者さんが近くにないとか、まだ数が少ないですからね。

というところで、やはり保険診療をやっている歯医者さんも必要なんですね。

ですから、あえて線引きをするとしたら、まだ問題がそれほど重症化していないような方、例えば小さい虫歯だったりとか、初期の歯周病ですね。

そういった方なんかは十分保険診療の中でも治せる事が多いと思いますし。

あとは治療もそうなんですけど、例えばそういった歯医者さんに定期的に通ったりだとか、きちんと見て頂くことで、自分のお手入れがきちんとできているかとか、どのようなことに気を付けなければいけないかとか、そういったお話を聞いて、重症化する前にそういったところで未然に防ぐという風な役割でお使いになられると良いんじゃないかなと思います。

 

質問者:はい。

自由診療の先生の方は。

 

秋本:そうですね。

自由診療の1つのメリットとしては、保険診療で出来ない治療の内容が可能だったり、あとはその方に治療にかける時間が長く、そして密度が濃く治療が可能になりますから。

なかなか保険診療で何回も繰り返しても良くならなかったり、そうですね、例えば保険診療の範囲では治せないというような重症化してしまった方。

もしくはご自分の歯を失ってしまったりとかして、もともとご自分が持っている噛み合わせがもう失われてしまっているケースですね。

そのような場合には、やはり歯1本1本だけを見て治療しても、なかなか良い状態にはなりませんから、噛み合わせだとか個々の歯の状態を含めた全体を見て治療するというのは、なかなか自由診療でないと難しいところがありますので。

 

質問者:じゃあ比較的、状況が軽い場合には、どこにでもある健康保険が使える保険診療の歯医者さんでも良いし。

重症に近かったら自由診療の歯医者さんで、がっつり本格的な治療をしてもらった方が良いという事ですよね。

 

秋本:そうですね。

 

質問者:わかりました、どうもありがとうございました。

 

秋本:ありがとうございます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*