自由診療のメリットとデメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋本:こんにちは。

 

質問者:こんにちは。

 

秋本:よろしくお願いします。

 

質問者:よろしくお願いします。

先生、今日お伺いしたいのは、自由診療の歯医者さんのメリットとデメリットを教えてください。

 

秋本:はい、わかりました。

そうですね、まず先にデメリットからお話すると、どうしてもみなさんイメージをお持ちかもしれないんですが、

どうしても保険診療と比べると費用がどうしても高額になりやすいですね。

 

質問者:はい。

 

秋本:ただ、今一時的という風にお話したのは、その時にはかかるんですけれども、例えばその場しのぎの治療をしていって、最終的に歯を失ったとしたら、もっと大きなデメリットだったり、費用的な負担が大きくなるので。

事前に防ぐという意味ではそれほど高くないと考えてはいるんですが。

とは言っても一時的に費用はかかるところがデメリットの1つです。

 

質問者:はい。

 

秋本:あとは、当院ではすぐに治療を始めないで、最初にカウンセリングをしたりだとか、しっかり精密な検査をしたりだとか、それに関するご説明や治療計画の立案、そういった事で最初に何回か時間を取りますので、なかなか治療が正直始まらないんですね。

ですから、すぐお忙しくて1,2回しか通えないので、すぐ治療してほしいという方の場合には、なかなか対応は難しかったりする所があるのがデメリットのもう1つです。

 

質問者:はい、メリットの方はありますか。

 

秋本:メリットは、先ほどちょっとお話しましたけど、その場しのぎの治療ではなくて、その方がどうしてそのような状態になったのかという根本的な部分をまず検査して、診断、それから治療計画を立てますから、例えばその場では良くなっても、また再発してしまうような治療ではなくて、一度治療したらそれが再発しないで良い状態が長持ちするというのが1つですね。

 

質問者:そういえば、そういうのがありましたよ。

 

秋本:そうですか。

 

質問者:はい。

 

秋本:あとは、なかなか普通のというか、一般的な歯医者さんの場合には、時間が長く取れませんから、治療はどうしても細切れになりやすいんですね。

ですから、なかなか治療が終わらなくて、長い期間通わなきゃならなかったりという事が多々あるんですけども、自由診療の場合には1回の治療時間を長く、そしてドクターが基本的に付きっきりで見ますので、1回の治療で進む量が多いんですね。

 

質問者:はい。

 

秋本:ですから、なるべく早く治療を終わらせてあげて、また日常生活に戻っていただくということが可能なのも

メリットですね。

 

質問者:なるほど。

わかりました、どうもありがとうございました。

 

秋本:ありがとうございます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*