プロフィール

秋本 昌弘
アキモトプライベートデンタルオフィス
歯科医師

「生涯を通じてお口の美と健康を望まれる方のための歯科医院」を理念に掲げるアキモト
プライべ―トデンタルオフィス院長の秋本昌弘です。

詳細な検査と患者さんの気持ちに寄り添った丁寧な問診にこだわっています。
高度な治療の提供し、さらに身体に優しい材料・生体に最も近い素材の使用、落ち着いた
リラックスした環境での治療を大切にしています。

「長期的に考えてベストの治療」を提供するために、制約の多い日本独自の「保険制度」
という枠にとらわれない「自由診療」にて診療を行っています。

「自由診療」と「保険治療」とはどの様な違いがあるのかご存知ですか?
日本における「歯科保険医療制度」は一定の負担割合で治療を受ける事ができます。
これは1960年代に制定された制度であり、基本的構造は変わっていません。

保険治療は「使用できる材料」「治療法」「治療の進め方」に制約があるのです。
また、治療費は全国一律(出来高制)で、治療した歯科医師の技量、時間、治療結果など
に関係なく給付されるという特徴があります。

そのため「保険治療」の傾向としては「安価な費用で基本的な治療を受けることが出来
る」代わりに戦後間もない時代の制度なので

・前時代的な治療法が多い
・多くの患者さんを診ないと採算が取れないため、一人当たりの治療時間が短くなりやすい

その結果、お一人にじっくり時間をかけて問診や治療をすることが難しくなります。
そのために多くの患者さんは歯医者に対して話を聞いてくれないというイメージを持ってし
まっています。

それだけではありません。検査内容、治療法に様々な制約があるため、「診断の精度」が
低下し、その方にとって最善の治療法が提供できない。
という事態が起きやすくなります。

もちろん全ての歯科医院がそうだと言う訳ではありません。
保険治療でも素晴らしい技術と思いやりを持って診療されている先生はたくさんいらっし
ゃいます。

しかし「保険治療の制約」に悩んでいる先生が多いのも事実です。
果たしてこれが医療の正しい姿なのでしょうか?

紀元前5世紀のギリシャの医師ヒポクラテスによる誓いによると

医療の本質とは
“自己の能力と判断の限り患者に利益すると思う療養法をとり、悪くて有害と知る方法を決
して取らない”
として医師の責任について明記されております。

当時から現在に至るまで医療技術は飛躍的に進歩を遂げましたが医師が負うべき責任は変
わりないと考えています。

医療にはもともとは「保健診療」や「自由診療」などの区別はありません。
先人の経験や研究、調査によって科学的に正しいと証明されている治療法は世界共通で
す。

医療倫理に則って「正しい治療」を行おうとすると日本独自の「保健治療」では不可能な
場合が圧倒的に多いと私は感じています。

私が自由診療専門としたのは、医療の本質とかけ離れた「保健か自費か?」という問題に
囚われずに、自身の良心に従って最善と思われる治療を提供出来る環境を整えたいと考え
たからであります。

もちろん私はまだまだ歯科医師としては途上の身であることを私自身も承知しておりま
す。

全てが完璧な歯科医師になる事は一生かけても不可能かもしれません。
しかし、その頂に少しでも近く為に常に修練を重ね、一歩一歩前に進んでいこうと強く決
意しております。

それが「誠実な歯科医療」であると私は考えています。